しまね田舎ツーリズム体験予約サイト

Original
Original

メニュー

Display

テーマで探す

Display
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original

キーワードで探す

Display

リンク

しまね田舎ツーリズム体験予約サイト

Original
Original

メニュー

Display

テーマで探す

Display
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original
  • Original

キーワードで探す

Display

リンク

邑南町産そば粉付

【オンライン】そば打ち名人が教える初心者向け1本棒そば打ち体験

Display
Display
Display
Display
古民家そば道場そば名人が今話題の1本棒でのそば打ちを手本打ちをしながら皆さんに指導します。
1本棒は昔から打たれていた方法で簡単に打てます。
現在のそば打ちは江戸流と言い3本の棒を使い四角に延ばしますが1本棒は自然に丸く延ばします。
見るだけでも面白い打ち方です。

しかし、簡単だから難しい、そばの奥深い世界を体験してみましょう。

体験参加を迷っている方はまずは↓のプログラムで講義を聞いてみてはいかがでしょうか?
https://shimaneinaka.net/programs/6039d7476c6f6369f8700200

2021年2月10日しまねっとニュースに取材されました。


注意事項


◎注意事項
指導の際に、お手元が画面に映るようにご用意ください。

●事前送付物
邑南町産二八そば粉500g+体験そば打ち用300g(打ち粉付き)

●準備するもの ※自身の道具をお持ちの方はそちらをご使用ください。
・そば粉=お送りした二八そば粉。この粉は邑南町産そば粉につなぎ粉として 2割の小麦粉が混ぜ合わせてあります。 十割そばを打ちたいときはそば粉のみとなります。打ち方も多少違います。

・水=150cc。普通の水道水で大丈夫です。できれば軟水の方がいいです。

・計量カップ=そばでは水加減が重要です。計量カップで水を計り半量づつ使います。
こね鉢=少し大きなボールを使いましょう。

・タイマー=時間の計れるもので、そば粉を混ぜるときおよその時間を計ります。

・ビニール袋=そば粉をこねたものを途中で置いておく時使います。A4ぐらいの大きさで十分です。

・延し台=平らなテーブルか食卓。ビニールシートを拡げて使います。

・めん棒=お持ちでない方は、ホームセンターなどで径3センチ、 長さ90㎝ぐらいの丸棒(700円ぐらい)をご用意ください。

・打ち粉=そばの麺がくっつかないように使います。お送りしたものの中に付けてあります。

・包丁=切るのが難しいかもしれませんがご家庭の包丁でも切れます。

・こま板(切るときのガイド)=角ばったところのある箱(又は木)の一面で大丈夫ですが、 手を切らないようにしてください。

・まな板=ご家庭のまな板で大丈夫です。

・タッパー=切ったそばを入れるもの、茹でるまで入れておくものです。

下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
古民家そば道場そば名人 邑南そば街道推進協議会名誉会長
古民家為田屋
神田 恵介

邑南町をそばで盛り上げようと邑南そば街道実現を提唱している地域活動家。
地域の小学生に言わせると「魔法の手を持ったそば名人」。

申し込み・問い合わせ先


プログラム時間:90分
料金:5,000円
送付物:邑南町産そば粉500g

オンライン教室定例会:毎月週第1土曜日10時~

●開催リクエスト・定例会への参加希望・お問い合わせはこちら
一般社団法人イワミノチカラ
電話:0855-52-5319
メール:info@iwaminochikara.or.jp

実施スケジュール

予定なし

おすすめプログラム